卓上タイプのメリットとデメリット

場所を選ばない卓上タイプ

いつでも安心して、安全な美味しい水を飲むことができるウォーターサーバーには、床置タイプと卓上タイプの2種類のタイプがあるのをご存じですか?ウォーターサーバーと聞いて一般的にイメージされるのは、床に直接設置する床置タイプですが、テーブルやキッチンの台の上に設置する卓上タイプも人気です。卓上タイプの特徴としては、大きさが床置タイプのウォーターサーバーの半分くらいなので、設置するスペースを取る必要が無く、持ち運びができるというメリットがあります。ワンルームの部屋や家具、物が多い部屋に住んでいる方には導入しやすいアイテムで、設置場所の変更も簡単にできますので、掃除や模様替えにも楽々と対応することができます。また、低い場所に設置するとボトル交換が比較的楽です。

卓上タイプは転倒する恐れがある

卓上タイプのウォーターサーバーは前述した通り、使い勝手は良いですが反面、デメリットもあります。それは、振動などによって転倒する恐れがあるということです。床置タイプより小さめとは言え、重量は各メーカーによって異なりますが約12kg~15kgほどの重さで、それが転倒すると衝撃は小さくはなく、ウォーターサーバー本体が壊れる可能性や、人がケガをする恐れがあります。また、小さい子供がいたり、猫などのペットを飼っていたりする場合は、何らかの拍子で倒れてしまうことも考えられるので注意が必要です。ですが、軽量やチャイルドロックの機能が付いた卓上タイプも販売されていますので、設置する場所や環境などを考慮して選べば、ウォーターサーバーを快適に利用することができます。

ウォーターサーバーの値段は、サーバーをレンタルするか購入するかによって大きく異なります。また、サーバーだけではなく水や電気にかかる費用やメンテナンス費用のことまで考えて購入することが大切です。