選ぶ時の注意点

天然水は含まれる成分や安全性に注目しよう

ウォーターサーバーの水の種類には大きく分けて天然水とRO水の二つがあり、用途や好みに応じて選択をすることが可能です。はじめに、天然水は採水地にこだわったものが多くあり、中でもマグネシウムやカルシウムといったミネラル成分を含むものが選ばれる傾向があります。また、天然水の安全性は、濾過の方法によって大きく異なります。そこで、ウォーターサーバーを導入する際に資料を参考にしたり、担当者に質問をしたりして、正しい情報を得ることがおすすめです。最近では、味のクセが少ない軟水の天然水を利用できるウォーターサーバーを扱う業者の数が増えています。そのため、初めて天然水を利用する人であっても、不安なく契約を結ぶことが可能です。

RO水は子供からお年寄りまで安心して飲める

RO水は、純水と呼ばれることもあり、専用の機械を使って濾過をして不純物を取り除いているため、極めて安全性が高いというメリットがあります。そのため、子供からお年寄りまでいる家庭内であれば、天然水よりも先にRO水の利用を検討することがおすすめです。最近では、調乳や調理などにも役立つRO水の魅力について、ホームページ上で大々的に紹介しているウォーターサーバーの専門業者も少なくありません。そこで、ニーズに合うRO水を選ぶにあたって、まずは評判の良い業者のサービスの内容を早めに調べておきましょう。その他、すでに家庭内にRO水のウォーターサーバーを導入している人のレビューについてもくまなくチェックしてみると良いでしょう。