床置きタイプのメリットとデメリット

ウォーターサーバーには床置きタイプと卓上タイプがあります!

ウォーターサーバーは自宅で新鮮な水が楽しめる設備であり、水ボトルの販売や配送を行う業者と契約をして利用することになります。ウォーターサーバーは通常レンタルで利用しますが、近年では様々なタイプが登場しており、利用する人の好みや利用方法や設置場所などに合わせたタイプを選ぶことができます。

ウォーターサーバーのタイプを大きく分けると、床置きタイプと卓上タイプとに分けられます。床置きタイプは床の上に直接設置するウォーターサーバーであり、横幅がスリムな冷蔵庫のようなものをイメージするのがわかりやすいかもしれません。一方の卓上タイプはテーブルの上などに設置するコンパクトなタイプです。床置きタイプと卓上タイプには、それぞれメリットとデメリットがあります。

床置きタイプには費用が安く選択肢が広いメリットがあります!

床置きタイプのウォーターサーバーのメリットとしては、レンタル費用が安く選択肢が広いことがあげられます。床置きタイプは以前から幅広く使われている一般的なウォーターサーバーであるため、ほとんどの場合には卓上タイプよりも費用が割安になります。またその種類も多く、部屋のインテリアなどに合わせたデザインのサーバーを選ぶことができるのです。 さらにサーバー本体が大きく重いため、安定性が高いことも床置きタイプのメリットだといえるでしょう。小さな子供のいる家庭には、転倒の危険性の少ない床置きタイプのウォーターサーバーがおすすめです。一方のデメリットとしては、専用の設置場所が必要であることがあげられます。あらかじめ設置する場所を確保することが必要になりますし、部屋から部屋へと気軽に移動することは難しくなります。